ファッション用語集

  • ハイゲージ
    細い糸でしっかりと編んである、網目の細かい薄手のニットのことを言いう。反対に、編み目が粗いものをローゲージと呼ぶ。ハイゲージは、目が詰まった編み方なので保温性を高める効果がある。良質な素材を選べば、薄手でも十分に防寒性がある。ローゲージは、カジュアルな雰囲気。ハイゲージは上品な雰囲気を作り出します。
  • はしごレース
    はしごレースとは、レースの一種。左右に余白のある、縦にしたときにはしご状の柄のものをさす。
  • ハリスツイード
    「ハリスツイード」とは、「アウターヘブリディーズ諸島で染色され紡がれた純粋なバージンウールを使い、島民の家で島民によって手織りされ、ハリス島、ルイス島、ベングクラ島、サウスト島で仕上げられたツイード」を意味する。
    スコットランド地域の厳しい自然条件の土地で、風や雨から身を守るために織られたこのツイードは、ざっくりとした粗い風合いで、羊毛と羊毛の間に、たくさんの空気(デッドエア)を含み、暖かく、厳寒のスコットランドの気候にも耐えられる素材。
    また、未脱脂のバージンウールなので、生地に油を含み、雨を弾く効果や保温性も兼ね備えている。
  • バイカラー
    ツートンの切り替え。デザインのアクセントになるだけでなく、色のカップリングによるコントラスで、ふんわり柔らかく見えたり、落ち着いた印象を作りだすという効果もある。
  • バイロフト(R)
    バイロフト(R)ファイバーは、保温性の高い機能素材。吸水性に優れ、サラサラとした肌環境を保つことができる。Viloft(R)(バイロフト(R))はケルハイム・ファイバーズGmbH社の登録商標です。
  • バスクシャツ
    バスクシャツとは、ボートネックでボーダーの特徴をもつシャツ。カジュアルスタイルとして人気があるロングスリーブのTシャツ。
  • バッフル構造
    バッフル構造は、ダウンを間仕切りして封入し、偏らないようにする構造。
  • バティック
    バティックはジャワ更紗のこと。インドネシアのジャワ島で作られる染め物で、藍や茶褐色が基本。模様は植物から動物まで多種多様で、独特のデザインが多くある。
  • バナナ繊維
    バナナの収穫後に廃棄される茎から繊維を取り出し、原料として再資源化。
    【天然繊維独特の優しく自然なムラ感・ザックリ感】
    バナナ繊維は、その繊維の形状や太さから、自然なムラ感・ザックリ感があります。ナチュラルな風合いや、肌触りはバナナ独特のものです。
    【吸湿・吸水性がよく、汗をよく吸う。サラサラ肌触り】
    バナナ繊維は、水に濡れると膨らみ、かつ中空部分が出現するという特性があります。このため、吸湿・吸水性が良くなると同時に拡散性も高まります。つまり、汗や水を良く吸い、乾きも早いということ。 バナナ繊維混のシャツは、夏向けの快適な着用感が好評です。
  • バンドカラー シャツ
    首の周囲に細いバンドがぐるりと配された、コンパクトなスタンドカラーシャツのこと。 きちんと感の中にもリラックスムードがあり、ジャケットと併せると適度なカジュアルダウンになります。また、首元がすっきりし、大人な印象に仕上がります。
  • バーズアイ
    バーズアイは、鳥の目のように小さな白い円形の織り模様のことで、日本名は鳥目織りという。
  • パイナップルリーフファイバー
    パイナップル繊維はパイナップルの葉から繊維を取り出したもので、その繊維は柔らかく、滑らかで水分の吸収や通気性に優れています。
  • パイピング
    布の端を別の素材やバイアステープでくるんで縫い、 縁取りをしたデザイン。パイピングする布の色や素材を変えるだけで、アクセントにもなります。
  • パナマ織
    綿麻混紡を使用し、太い糸を用いた粗めの平織りのこと。ざっくりとした風合い。糸が締まることにより、シワは伸びやすく、通気性も良くなる優れもの。
エディー・バウアーはアメリカのシアトル生まれのアウトドア&カジュアルウエアブランドです。
 ページトップへ