ファッション用語集

色/柄用語

  • ウインド・ペーン(ペン)
    Windowpaneとは窓枠の格子が並んだようなチェック柄。
  • オックスフォード生地
    オックスフォード生地とは、通気性の良い平織りの生地。斜子織り。ソフトで美しい光沢があり、シワも付きにくく丈夫なので、スポーツウエアやボタンダウンシャツにも用いられる。
  • オンブレ
    オンブレチェックは、色を濃淡にぼかした織物。染め分けのぼかし生地のこと。
  • ガゼット
    ガゼットとは、シャツの前身頃と後身頃の合わせの部分の裾を補強する布で、ムーシェとも呼ばれる。
  • シャンブレー
    シャンブレーとは、白い横糸と色付の縦糸で霜降り風に織り上げた先染めの平織り生地。
  • スノーフレーク柄
    伝統的な雪の結晶柄。
  • 玉縁仕上げ
    玉縁とは、布の裁ち目や縫い代等の縁どり・パイピングのこと。ほつれ止めと装飾を兼ねる。ポケットやボタンホールなどに用いる。両玉縁など。
  • チェスト
    アパレルにおけるチェストとは、胸まわりのこと。胸~脇腹までを指す場合が多い。
  • はしごレース
    はしごレースとは、レースの一種。左右に余白のある、縦にしたときにはしご状の柄のものをさす。
  • バイカラー
    ツートンの切り替え。デザインのアクセントになるだけでなく、色のカップリングによるコントラスで、ふんわり柔らかく見えたり、落ち着いた印象を作りだすという効果もある。
  • バーズアイ
    バーズアイは、鳥の目のように小さな白い円形の織り模様のことで、日本名は鳥目織りという。
  • ビブ
    ビブとは胸当てのこと。
  • ピケ
    畝(うね)を織り出した厚手で丈夫な織物のこと。凹凸ピケ(畝)立体構造で、優れた通気性と透湿性により、汗を素早く吸水し乾燥させます。夏は涼しく爽やかで快適。特有の張りと立体感はスポーティな雰囲気があります。
  • フェアアイル柄
    スコットランド・シェットランド諸島の中のフェア島(アイルは島のこと)生まれの、2色以上の幾何学模様のニットのこと。
  • ヘザー
    杢調生地。霜降りのような、白っぽく霜の入った繊維。もともとは、スコットランドに多く見られる小潅木ヒースのことで、この葉の色が季節とともにさまざま色が混じり合いながら変化する状態にちなんで名付けられたもの。
  • ヘリンボーン
    ヘリンボーンは、ニシンの骨のように見える、杉あや模様のこと。
エディー・バウアーはアメリカのシアトル生まれのアウトドア&カジュアルウエアブランドです。
 ページトップへ