ファッション用語集

K

  • カポック
    カポックはパンヤ科の落葉高木植物であり、東南アジア(タイ・インドネシア等)に育成する植物資源のひとつです。 綿と同じ仲間に分類され別名「シルクコットンツリー」とも呼ばれる。カポックの植物繊維は、天然の絹のように光沢がありヌメリ・ソフト感があります。比重が軽く防水性があるため、ふとん・まくら・クッション等の詰め物や救命袋の中綿等に使われていたのは有名です。
    【カポックの特徴】
    ・カポックの繊維は中空部分が非常に大きく(中空率:70~80%)軽い素材
    ・熱伝導率が低いので、外気の影響を受けにくく着心地のよい快適な素材
    ・自然のままの特長を最大限に活かしたやさしいソフトな風合
  • ケナフレーヨン
    ケナフレーヨン素材は優美なドレープ性やボリューム感を持つ、吸湿性に優れた素材。ケナフとはアオイ科フヨウ(英名:ハイビスカス)属ハイビスカスに似た花を咲かせる植物。ケナフは成長時に空気中のCO2を一般の樹木の4倍以上吸収し固定化するため、地球温暖化にストップをかける環境保全植物として注目を浴びている。
エディー・バウアーはアメリカのシアトル生まれのアウトドア&カジュアルウエアブランドです。
 ページトップへ